2019年1月8日火曜日

HONDA モンキー ライセンスランプカバー Vol.1


HONDA モンキー ライセンスランプカバーの加工依頼を承りました。ご依頼内容をまとめましたのでご紹介させていただきます。
🔸ご依頼内容
🔹水圧転写
・ベースカラー:ソリッドブラック
・転写フィルム:綾織りシルバーカーボン柄
・カラークリヤー塗装:ベルベットブラック

🔹下地作業
・スムージング
・下地剤:プラスチック専用プライマー、サーフェーサー

となります。
ところで、こちらのお客様は以前にも当店をご利用いただいた方になります。その際の作業内容はブログでもご紹介させていただきました。

🔸ブログ
🔹タイトル:HONDA モンキー フロントフェンダーとリアフェンダー
🔹掲載日:2018年12月9日〜12月25日

みなさんも是非ご覧くださいませ。
この度も当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。


それでは、作業に入らせていただきます。

まずは下地作業を行っていきます。
ご依頼品はプラスチック素地でして、表面にはシボ模様(凹凸)がございました。(上の写真)
これをスムージングして表面をフラットに仕上げていきます。


上の写真はサンディング後になります。
一見表面がツルツルに仕上がっているように見えますが、目に見えない微細な凹凸が残っている場合もあります。なので、あとは下地剤を使って完全にシールさせます。

 

サンディングが終わった下地剤を塗装していきます。
まずは、ご依頼品は軟質系プラスチックでしたので、プラスチック専用プライマーを塗装します。(右の写真)
プラスチック専用プライマーの色なんですが、水圧転写のベースカラーがソリッドブラックで承っていますので、黒のタイプを使用しています。

プラスチック専用プライマーの塗装後は、次の上塗りまで30分ほど間隔を空けないといけないので、それまで自然放置して待ちます。

 

さて、30分が経過しましたので、サーフェーサーを塗装します。(右の写真)
サーフェーサーの色はプラスチック専用プライマー同様、黒のタイプを使用…って塗膜が白っぽいですね。汗
こちらはサンディングの際のガイドコートとして、黒のサーフェーサーでシールした後、白系の塗料をサッと吹き付けさせていただきました。サーフェーサーのサンディングを行えば、自然と白系の塗料はなくなりますのでご安心くださいませ。汗

それでは、下地剤の塗装が終わりましたので、次回は水圧転写用のベースカラーの塗装に入ります。もうしばらくお待ちくださいね。

TESLA モデルX 22インチホイール Vol.3

こちらは、TESLA モデルX 22インチホイールです。前回の作業では、水圧転写用のベースカラーを塗装させていただきました。塗膜の乾燥が終わりましたので、これから水圧転写を行っていきます。   上の写真は水圧転写のセッティングを行っているところになります。 水...