2017年10月31日火曜日

TOYOTA 70スープラ パーツ類 Vol.2


こちらはTOYOTA 70スープラ パーツ類です。
水圧転写でご依頼いただいています。

前回の作業では、エアクリーナーサクションパイプにはエッチングプライマーとサーフェーサー、カウルトップルーバーはプラスチック専用のプライマーを塗装しました。それぞれの乾燥が終わりましたので、これから水圧転写のベースカラーを塗装していきます。
画像がありませんが、ベースカラーの塗装前には塗料のノリを良くするために足付けをしています。

 

足付けが終わったらベースカラーを塗装します。
オーダーいただいたベースカラーはブラックです。
これをしっかり染めていきます。
画像はサクションパイプです。

 

こちらはカウルトップルーバーです。
プラスチック専用のプライマーが黒なので変化を楽しめませんね。汗
右の写真がベースカラーの塗装後になります。

ところで、今回プライマーのみしか塗装していませんが、サーフェーサーは?と思う方もおられるかなと思います。サーフェーサーはパテ付け後や鋼板の腐食防止などをシールする目的で使われます。今回はプラスチック素材と上塗り塗料との密着を取りたかっただけなのでサーフェーサーを使っていません。

ちなみにですが、使っているプラスチック専用プライマーは2液型といって、主剤と硬化剤を調合するタイプのモノです。1液タイプのプライマーもあるんですが、個人的には硬化剤の入る2液型の方が信頼がおけるかなと思ってしまいます。ただ、2液は熱をかけないと乾燥しないので、作業性を考えるなら1液タイプの方が効率が良いかなと思います。

自動車板金塗装をしていた頃は、新品バンパーがプラスチック素材剥き出しなんてモノもありましたから、2液型の乾燥でタイムロスするより1液タイプのPPプライマーをガツンと塗装して、プライマーが乾燥しないウチに上塗りをしていました。笑
自動車業界はいかに早く出庫するかが勝負ですからね。

それにしてもなつかしいですね。自動車板金塗装業界を離れて10年になるのか〜…さすがにもう自動車ボディは塗れないですね。苦笑
あっ、でもたまに巨大なシミュレーターを塗る時があるので、もしかしたらまだイケるかな?笑

さてさて、それではベースカラーの塗装が終わりましたので、次回はいよいよ水圧転写に入ります。もうしばらくお待ちくださいね。

2017年10月27日金曜日

TOYOTA 70スープラ パーツ類 Vol.2

 

こちらはTOYOTA 70スープラ パーツ類です。
下地作業も承っています。

まずはアルミ製のエアクリーナーサクションパイプからいきます。
ところで、アルミってサビるのってご存知ですか?
鉄はサビる赤くなりますよね。それと同じようにアルミもサビるんです。ただ、赤くはならず白くなります。白くなるとどこまでがサビなのか分かりませんよね。汗
特に、オーナー様が20年前にワンオクで作成されたそうなので、おそらくサビがかなり進行しているかなと思います。そこで、薄皮一枚剥がしてしまおうかなと思います。

右の写真はダブルアクションでサンディングしているところです。

 

こちらはサンディング後です。おや、2枚同じ?のような写真ですね。笑
どちらもサンディング後なんですが、左の写真はサンディングの際についたキズが深く、右の写真は浅くなっています。上にも書きましたが、サクションパイプは20年前に作成されたこともあってアルミのサビがかなり進行しているかなと思います。薄皮一枚を剥がしたかったのでサンディングペーパーの番手を少し粗くしてみました。
ちなみですが、サンディングペーパーには番手があって、番号の低い方が粗く、高くなるほど細かくなっていきます。

左の写真のペーパー目は#120なんですが、#120のまま塗装してしまうとキズが深すぎてペーパーの目が塗装後に浮かび上がってしまいます。なので、#120のペーパー目を#240で消し、#240のペーパー目を#360で消すといった感じでペーパー目を徐々に細かくしていきます。

右の写真は#400で仕上げたモノです。
どこまで細かくすれば良いかは塗料のタイプによって変わります。ちなみにですが、この後はサーフェーサーを塗装するので#400ぐらいで大丈夫かなと思います。

 

サンディングが終わりましたので下地剤を塗装します。
サクションパイプはアルミでしたので、そのままサーフェーサーを塗装してもノリが悪いかなと、エッチングプライマーを使ってサーフェーサーとの密着性を向上させておきます(左の写真)

エッチングプライマーを塗装したら乾燥させます。乾燥といっても熱を加えないで、そのまま自然放置です。ちなみにですか、熱を加えないで自然放置して乾燥させることを塗装用語で【指触乾燥】と呼ばれています。読んで字のごとく、指で触っても塗膜がベタベタしないくらいの乾燥時間のことです。

エッチングプライマーが指触乾燥したらサーフェーサーを塗装します。(右の写真)
エッチングプライマーからサーフェーサーのインターバルは1時間以上です。長いですよね…エッチングプライマーの塗装から上塗りまでの時間が1時間以上空けると指定されているので…苦笑

それでは、サクションパイプの下地作業はこれで終わりになります。

 

続きまして、カウルトップルーバーです。
足付けは終わっていますので下地剤を塗装します。こちらは軟質プラスチックでしたのでプラスチック専用プライマーを塗装します。メッシュ地になっているのでプライマーを両面に塗装しておくことにしました。まずはウラ面(左の写真)を塗装して、指触乾燥したらオモテ面(右の写真)を塗装します。ウラ面を塗装してからオモテ面を塗装する理由は分かりますよね?
割愛させていただきますね。苦笑

それでは、これで全ての下地作業が終わりました。
次回は水圧転写のベースカラーの塗装に入ります。
もうしばらくお待ちくださいね。

2017年10月26日木曜日

TOYOTA クルーガー 内装パーツ Vol.1

 

TOYOTA クルーガー 内装パーツのご依頼を承りました。
作業内容は水圧転写です。

右の写真はもともと車内に取り付けされていたパーツなんですが、この色合いをもとに調色をして水圧転写していきます。

作業が進みましたらご報告させていただきますね。
この度は弊社をご利用いただまして、誠にありがとうございます。完成までしばらくお待ちくださいませ。

2017年10月25日水曜日

MAZDA アクセラ メーターリングパネル Vol.1


MAZDA BMアクセラ メーターリングパネルの加工依頼を承りました。
ご依頼内容は塗装です。
作業が進みましたらご報告させていただきますね。

ところで、こちらのオーナー様は以前にもご依頼いただきましたね。
この度も弊社をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。完成までしばらくお待ちくださいませ。

2017年10月24日火曜日

TOYOTA 70スープラ パーツ類 Vol.1


TOYOTA 70スープラ パーツ類の加工依頼を承りました。
写真の左に写っているアルミパーツがエアクリーナーサクションパイプで、右に写っているのはカウルトップルーバーです。
どちらも水圧転写で承っています。
作業が進みましたらご報告させていただきますね。

ところで、こちらのオーナー様なんですが、弊社を何度もご利用いただいています。
長きに渡ってお付き合いいただけることは幸せなことですよね。
特に、私の場合は何もないところから始めましたから、まさかこんなにご愛顧いただける方にめぐり合える日が来るとは思ってなかったです。苦笑
また次回に繋がるように、しっかり作業をさせていただきますね。

この度も弊社をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。完成までしばらくお待ちくださいませ。

2017年10月16日月曜日

お客様の声

みなさんこんにちは。
ブログがピタッと止まってしまいましたが、相変わらず元気にしています。苦笑
それにしても肌寒くなってきましたね。
立冬って11月ですよね??
なんだかもう冬の気候ですね。
冬は好きなんですが、どうも体が年々寒さについていかなくなったきました。
先日もカゼ?らしきものに侵され、布団で丸まって寝ていました。汗
みなさんもお身体には十分ご自愛くださいね。
…って私が言っても説得力ゼロですが…汗

さてさて、こちらは以前施工させていただきましたDUCATI 1299 パ二ガーレ 純正ホイールです。無事に装置されたようでして、オーナー様から装置後の写真をいただきました。↓



赤と黒に添えられたゴールドの存在感が抜群ですね!
フロント側より大きく見えます。笑
色にはかなり悩まれていたオーナー様でしたが、ご満足いただけたようで何よりです。

こちらの作業経過はブログでもご紹介させていただきました。
◯ブログ:2017年8月18日〜9月1日
◯DUCATI 1299 パ二ガーレ 純正ホイール
ご覧になってみてください。

オーナー様、この度は弊社をご利用くださいまして、誠にありがとうございました!
次回のご依頼もお待ちしてますね。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。

年末年始のご案内

みなさんこんにちは。 年末年始のお休みのご案内をさせていただきます。 🔸年末年始のお休み 🔹12月31日(月)〜1月3日(木) みなさまのご依頼を心よりお待ちしております。 まだまだ寒い日が続きますが、お身体には十分ご自愛くださいませ。