2018年12月30日日曜日

年末年始のご案内

みなさんこんにちは。
年末年始のお休みのご案内をさせていただきます。

🔸年末年始のお休み
🔹12月31日(月)〜1月3日(木)

みなさまのご依頼を心よりお待ちしております。
まだまだ寒い日が続きますが、お身体には十分ご自愛くださいませ。

2018年12月14日金曜日

TOYOTA マークX ハザードスイッチ Vol.1


TOYOTA マークX ハザードスイッチの加工依頼を承りました。ご依頼内容をまとめましたのでご紹介させていただきます。

🔸ご依頼内容
🔹2コートパール塗装
・カラー:LEXUS グラファイトブラック(カラーコード:223)
・表面処理:密着剤

となります。
この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

 

それでは、作業に入らせていただきます。

今回のご依頼では、ハザードスイッチ中央にある三角マークはそのままでと承っています。
右の写真は、その三角マークを養生するためのマスキングシートになります。こちらは事前に業者さんに委託して作成させていただきました。


塗料のノリを良くするための足づけ(研磨)が終わったら、マスキングシートを貼り付けます。(上の写真)
マスキングシートと三角マークが寸分の狂いもなくピッタリ収まっています。笑

 

マスキングシートを貼り付けたら、上塗り用のセッティングをします。(左の写真)
セッティングが終わったらベースカラーを塗装します。(右の写真)
オーダーいただいた色は、LEXUS車のグラファイトブラック(カラーコード:223)になります。
ちなみに写真ではご紹介していませんが、ベースカラーの塗装前には密着剤を塗装してあります。


ベースカラーの塗装が終わったら、マスキングシートを剥がします。(上の写真)

 

マスキングシートを剥がしたらクリヤーコートを行います。(上の写真)
三角マークの輪郭もビシッと残っていてイイ感じです。笑

それでは、塗膜が乾燥しましたら完成となります、もうしばらくお待ちくださいね。

2018年12月13日木曜日

HARLEY-DAVIDSON XL1200X EASYRIDERS製ビキニフェアリング Vol.4

 
HARLEY-DAVIDSON XL1200X EASYRIDERS製ビキニフェアリングが完成しました。ご依頼内容をまとめましたのでご紹介させていただきます。

🔸ご依頼内容
🔹塗装
・カラー:ソリッドブラック

🔹下地作業
・補正アリ:パテ仕上げ
・下地剤:サーフェーサー

🔹メンテナンス
・ガラスコーティング
・ポリマーコーティング

となります。


上の写真は、タッチアップ用ミニボトルになります。
当店では、通常塗装(水圧転写とキャンディカラーを使用した塗装は除きます)でご依頼いただいた場合、余った塗料をミニボトルに詰め替えて差し上げています。ミニボトルのキャップには筆が付いていますので、お手を汚さずにタッチアップが出来るかなと思います。何かの際にお使いくださいませ…って、何もないことが1番なんですけどね。汗

それでは発送しますね。
この度も当店をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

2018年12月10日月曜日

HARLEY-DAVIDSON XL1200X EASYRIDERS製ビキニフェアリング Vol.3


こちらは、HARLEY-DAVIDSON XL1200X EASYRIDERS製ビキニフェアリングです。前回の作業では、下地作業を行いました。サーフェーサーの乾燥が終わりましたので、これから上塗りに入ります。

 
まずは、サーフェーサーのサンディングを行います。
今回は上塗り色がブラックで承っていますので、上塗り色が染まりやすくなるようにと、サーフェーサーも黒のタイプを使用しています。ただ、黒いサーフェーサーはサンディングがしっかり行われたかどうかの判断が目視で確認しづらいので、黒のサーフェーサーの塗装後に白系の塗料をサッと吹き付けおきました。(左の写真)

右の写真は、軽くサンディングしたモノになります。
サンディングペーパーが当たったところは白系の塗料が無くなって、サーフェーサーの黒がお目見えしています。これがサーフェーサーの黒一色になると、しっかりサンディングが行われた証拠になります。ちなみにですが、白系の塗料を一点で削ぎ落とすようなサンディングは行いませを。一点でサンディングしてしまうと、そこだけ低くなってしまいます。なので、全体にサンディングペーパーを当てながら、白系の塗料が取れるのを待ちます。


上の写真はサンディング後になります。
サーフェーサー1色になりスッキリしましたね。笑

カウルはFRP製でして、もともと表面がボコボコしていました。ただ、サーフェーサーの塗装前の鬼のサンディングと今回のサーフェーサーのサンディングを行ったことで、少しはフラット感のある表面に近づいたのではないかなと思います。汗

 
サンディングが終わったら、上塗り用のセッティングを行います。(左の写真)

セッティングが終わったら、ベースカラー→クリヤーコートと上塗り塗装を行います。(右の写真)
オーダーいただいた色はソリッドブラックになりますので、クロマックス塗料の中でも漆黒味のあるジェットブラック(原色コード::Am5)を使います。

 
イイ感じです。笑

ところで、今回のご依頼内容はグロスブラックになります。グロスブラックは、ピアノブラック仕様のようにクリヤーコートを2回に分けて行いません。また、クリヤーベースもピアノ仕様とは異なるスタンダードタイプを使用しています。グロスブラックの位置づけとしては、一般的な塗装仕様かなと思います。

それでは、塗膜の乾燥が終わりましたら完成となります。もうしばらくお待ちくださいね。

2018年12月7日金曜日

HONDA バイク外装パーツ Vol.6

 

HONDA バイク外装パーツが完成しました。ご依頼内容をまとめましたのでご紹介させていただきます。

🔸ご依頼内容
🔹水圧転写(左の写真)
・ベースカラー:ソリッドブラック
・転写フィルム:綾織りシルバーカーボン柄
・カラークリヤー塗装:ベルベットブラック
・下地作業:スムージング

🔹3コートキャンディ塗装(右の写真)
・ベースカラー:キャンディレッド
・調色作業

🔹メンテナンス
・ガラスコーティング
・ポリマーコーティング

となります。

 

右の写真は施工前になります。
こうして比較してみると全く違うパーツに見えますね。笑


上の写真は3コートキャンディ塗装でご依頼いただいたサイドカバーになります。サイドカバーの隣にある三角のパーツは、お客様からお借りしたカラーサンプルになります。ご依頼では、こちらのカラーサンプルを元に調色を行わせていただきました。

それにしても、鮮やかな赤ですね。
お客様が色で楽しんでいることがよく分かります。
色で遊ぶと気持ちもアガりますよね。
私も上塗りしていてテンションがアガりました。笑

それでは発送します。
この度も当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

2018年12月6日木曜日

HARLEY-DAVIDSON XL1200X EASYRIDERS製ビキニフェアリング Vol.2


こちらは、HARLEY-DAVIDSON XL1200X EASYRIDERS製ビキニフェアリングです。ご依頼内容は通常塗装と下地作業を承っています。

 

まずは、下地作業を行っていきます。
左の写真はオモテ面になります。
右の写真はウラ面になります。

パテづけがなされていますが、こちらは取り付けするビスの穴を開け直した際に埋めたパテとのことです。このまま下地剤や上塗り塗料を吹き付けても、パテと素材の伸縮率が異なるので、熱乾燥を行った際にズレが生じてしまうこともあります。なので、パテと素材が動かないように、ウラ面に補強を入れていきたいと思います。


補強で使うのはファイバークロスになります。(上の写真)
ご依頼品はFRP製でしたので、同じ素材+強度のあるファイバークロスを選びました。

 

左の写真は、ファイバークロスを使って樹脂で固めた補強後になります。

ところで、ファイバークロスと樹脂で固めた際に、少し段差が高くなってしまったかなと思いました。ビキニカウルを取り付けた際にその段差で浮いてしまう…なんてこともあるかなと思いましたので、サンディングして低くしています。(右の写真)

 

さて、ウラ面の補強が終わりましたので、オモテ面を補正していきます。汗
オモテ面は、ビス穴の周辺が少しボコボコしていました。なので、ビス穴周辺にパテづけを行います。(左の写真)
ちなみにパテづけする前は、表面がフラットになるようにしっかりサンディングを行っておきました。なので、パテは薄づけになっています。

右の写真はサンディング後になります。
パテは凹みに残るんですが、サンディング後の写真を見るとかなり残っていますね。それだけ低かったんでしょうね。あれだけサンディングを行ったのに…汗


といワケで…絶対に負けられないので、さらに全体をサンディングしていきます。汗
ちなみにですが、FRP製はもともとボコボコしています。今回は全体にパテづけを行っていませんので、例え私がムキになっても?(苦笑)そこまでフラットにはなりません。やらないよりはやっておいた方がマシかな?…ぐらいなイメージになります。汗

 

さてさて、補正が終わりましたのでサーフェーサーを塗装します。(上の写真)
今回、上塗り色が黒になりますので、サーフェーサーも黒のタイプを使っています。ちなみにここではご紹介していませんが、黒のサーフェーサーの塗装後は、サンディングのガイドコートの役割として白系の塗料をサッと吹きつけています。

それでは、塗膜の乾燥が終わりましたら、次回は上塗りに入ります。もうしばらくお待ちくださいね。

2018年12月5日水曜日

NISSAN V37スカイライン リアガーニッシュ Vol.3

 
NISSAN V37スカイライン リアガーニッシュが完成しました。ご依頼内容をまとめましたのでご紹介させていただきます。

🔸ご依頼内容
🔹カラークリヤー塗装
・カラー:アントブラック
・カラーリング濃度:ダーク
・下地作業:下塗りクリヤーコート
・表面処理:密着剤

🔹メンテナンス
・ガラスコーティング
・ポリマーコーティング

となります。

 

上の写真は、カラークリヤーの塗装前になります。
もともと、ご依頼品はカーボン上にクリヤーコートが施されていました。ただ、塗膜表面にいくつか巣穴がございましたので、下塗りクリヤーコートと称して、透明なクリヤーベースを使って巣穴を埋めさせていただきました。上の写真は、その下塗りクリヤーコート後になります。下塗りクリヤーコートのおかげで、巣穴もなく、スッキリとした塗膜に仕上がっております。笑

 

上の写真は完成後になります。
トップの写真が真っ黒にしか写らなかったので、カーボンが透けていることが分かるようにと撮影しました。これならもともとカーボンだったことが伺えますね。笑
ちなみにですが、実際の色合いはトップの写真が1番近いかなと思います。漆黒のある黒が前面に押し出されていて、光が射すとスッとカーボンがお目見えする…そんなイメージになります。

こちらのご依頼内容はお客様がお決めになられたんですが、お客様の閃きはさすがですね。私は絵が描けないので、こういった才能に憧れます。【閃き】といえば、東京事変の【閃光少女】がありますね。

私は今しか知らな〜い♪
貴方の今を閃きた〜い♪
これが最期だって光って居た〜い♪

今を存分に生きてやりなさい!って言われてるようですね。心に突き刺さります。笑

それでは発送しますね。
この度も当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

2018年12月4日火曜日

HONDA バイク 外装パーツ Vol.5

 
こちらは、HONDA バイク 外装パーツです。前回の作業では、水圧転写と中塗りクリヤーコートを行いました。塗膜の乾燥が終わりましたので、これから上塗りクリヤーコートに入ります。

 
塗料のノリを良くするための足づけ(研磨)が終わったら、上塗りクリヤーコート用のセッティングをします。(左の写真)

セッティングが終わったら上塗りクリヤーコートを行います。(右の写真)
上塗りクリヤーコートではカラークリヤーコートも承っています。
オーダーいただいた色はベルベットブラックになります。
ベルベットブラックの色味は、ブラック系の中でも茶色味のあるブラックになります。

 
イイ感じです。笑

右の写真は、ノーマル仕様(ブラックベース+綾織りシルバーカーボン柄)と比較したモノになります。ズッシリと重厚感のあるブラックカーボン調に変貌を遂げています。笑

それでは、塗膜の乾燥が終わりましたら完成となります。もうしばらくお待ちくださいませ。

2018年12月3日月曜日

HONDA バイク 外装パーツ Vol.4


こちらは水圧転写でご依頼いただいている、HONDA バイク 外装パーツです。前回の作業では、下地剤を塗装しました。下地剤の乾燥が終わりましたので、これから水圧転写に入ります。

 
塗料のノリを良くするための足づけ(研磨)が終わったら、水圧転写のベースカラー用のセッティングをします。(左の写真)

セッティングが終わったらベースカラーを塗装します。(右の写真)
オーダーいただいた色はソリッドブラックになります。
ソリッドブラックは、クロマックス塗料のジェットブラック(原色コード:Am5)を使用しています。

ベースカラーの塗装が終わったら塗膜を乾燥させます。


さて、ベースカラーの乾燥が終わりましたので水圧転写に入ります。
オーダーいただいた柄は、綾織りシルバーカーボン柄になります。

上の写真は、水面に転写フィルムを浮かべたモノになります。
水面に転写フィルムを浮かべて一定時間が経過したら、転写フィルムに結合剤(溶剤)を塗布して水圧転写を行います。

 
イイ感じです。笑

 

こちらもイイ感じです。笑

ところで、上の写真のパーツは車両の左右に取り付けられるそうなんですき、ご依頼品が小さかったので、カーボン柄の目の向きを左右対称になるよう水圧転写を行わせていただきました。よ〜くご覧になっていただくと分かるかなと思います。
ちなみにカーボン柄の目の向きを左右対称に行えるのは、ご依頼品の大きさが450mm×450mmぐらいまでとなります。詳しくはお問い合わせくださいませ。

それでは、作業は中塗りクリヤーコートまで終わっています。塗膜の乾燥が終わりましたら、次回は上塗りクリヤーコートに入ります。ご依頼ではカラークリヤー塗装も承っていましたね。もうしばらくお待ちくださいませ。

年末年始のご案内

みなさんこんにちは。 年末年始のお休みのご案内をさせていただきます。 🔸年末年始のお休み 🔹12月31日(月)〜1月3日(木) みなさまのご依頼を心よりお待ちしております。 まだまだ寒い日が続きますが、お身体には十分ご自愛くださいませ。