2018年11月30日金曜日

特別フェアのご案内

【こちらのページは2018年11月30日までトップページになるように設定してございます。作業ブログはこちらのページの下にございますのでご覧くださいませ。】

みなさんこんにちは。
夏の日差しが和らいで過ごしやすくなりましたね。
今度は食欲の秋の風に誘われて食べ過ぎてしまいそうです。苦笑

さて、2018年11月1日をもちまして、株式会社ひきだは創設2周年を迎えます。これもひとえに皆様のご愛顧の賜物です。厚く感謝申し上げます。創設2周年を記念致しまして、特別フェアを開催させていただきます。

🔸株式会社ひきだ 創設2周年 特別フェア!
🔹ガラスコーティング無料
🔹疎水性ポリマーコーティング無料
🔹開催期間:10月1日〜11月30日
(開催期間内に正規のご依頼をいただいた方)

🔹ガラスコーティングに関して
・ガラスコーティングテクノロジー
有機樹脂及び揮発性有機化合物(VOC)を使用せず、オルガノポリシロキサンを主剤とした無溶剤、無機質塗料になります。また、緻密で強靭な不活性の被膜を形成するとともに、耐熱性で紫外線、光エネルギー波長での材質変化は起こりにくく、耐酸性がある超耐久性のガラスコーティングになります。

・耐用期間:2年前後(諸条件により異なります)

※施工箇所はご依頼品のみとなります
※ガラスコーティングのみでのご依頼は受け付けておりません
※マット塗装(ツヤ消し仕様)は施工不可となります

🔹疎水性ポリマーコーティングに関して
・疎水性ポリマーコーティングテクノロジー
特性の異なる複数の特殊ポリマー(撥水性ポリマーと流動性ポリマー)を組み合わせ、塗膜表面を疎水化させます。施工後は水がまとまり流れやすくなります。

・耐用期間:1ヶ月前後(諸条件により異なります)

※施工箇所はご依頼品のみとなります
※ポリマーコーティングのみでのご依頼は受け付けておりません
※ガラスコーティング施工後にポリマーコーティング致します
※マット塗装(ツヤ消し仕様)は施工不可となります

以上が特別フェアの内容になります。

ガラスコーティングとポリマーコーティングを取り入れた経緯なんですか、今まではご依頼後のメンテナンスはお客様にお任せしていました。そうした中、お客様からたくさんのご要望がございました。例えば、『どのタイプのガラスコーティングやポリマーコーティングを選べば良いのか分からない』、『小さなパーツのためにガラスコーティング剤を購入してしまうとコストが掛かり過ぎてしまう』…etc…

確かに仰る通りですよね。汗
一概にガラスコーティングやポリマーコーティングといっても種類も豊富ですし値段も高価ですからね。もともとメンテナンスキットをお持ちの方でしたら取っ掛かりやすいかなと思いますが、お持ちでない方にはなかなか踏み切れないですよね。汗

そこで、ひとつの基準を設けるべく、ガラスコーティングとポリマーコーティングを取り入れてみました。使用するのは市場にも出回っているタイプのモノになります。同業者で使用している方々の評価も高いですし、実際私も使ってみて品質の高さを感じました。まさにプロが選ぶ!…といったニュアンスのメンテナンス剤になります。(←私はプロではないですが…汗)
そんな折り紙つきのメンテナンス剤ですので、お客様には安心してご依頼いただけるかなと思います。

ちなみに今回ご紹介させていただいたメンテナンス剤は、特別フェア終了後に有料にて当店のラインナップに組み込む予定でおります。後日、詳しくご案内させていただきますね。

それでは、この機会にコーティングの魅力をタップリご賞味くださいませ。笑
皆様のご依頼を心よりお待ちしております。

2018年10月19日金曜日

HARLEY-DAVIDSON XL1200X フューエルタンク Vol.4

 
HARLEY-DAVIDSON XL1200X フューエルタンクが完成しました。ご依頼内容をまとめましたのでご紹介させていただきます。

🔸ご依頼内容
🔹ブラックメッキ塗装
・カラー:ヴィオラブラック
・カラーリング濃度:ダーク
・クリヤーオーバーコート

🔹下地作業
・アンダークリヤーコート
・クロームメッキ表面処理:密着剤

🔹メンテナンス
・ガラスコーティング
・ポリマーコーティング

となります。
お客様のこだわりがギュギュッと詰まった一品になりましたね。笑
私も作業をしていて楽しかったです。笑

それでは発送しますね。
この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

2018年10月17日水曜日

HARLEY-DAVIDSON XL1200X フューエルタンク Vol.3

 

こちらは、HARLEY-DAVIDSON XL1200X フューエルタンクです。前回の作業ではブラックメッキ調にカラーリングを行なわせていただきました。熱乾燥による塗膜の乾燥がおわりましたので、これからクリヤーオーバーコートを行なっていきます。

 

塗料のノリを良くするための足づけ(研磨)を行なったら、上塗り用のセッティングを行ないます。(左の写真)

セッティングが終わったらクリヤーオーバーコートに入りますが、その前に、クリヤーオーバーコートで使用するクリヤーベースをご紹介させていただきます。
クリヤーオーバーコートで使用するクリヤーベースは、クロマックス塗料の【3800S】になります。【3800S】は、クロマックス塗料の中でも優れた耐擦傷性を持っています。また肉持ち感も良く、通常のクリヤーベースの膜厚が50〜60μに対して、【3800S】の膜厚は45〜80μと幅広い塗膜の厚みを形成することが出来ます。
当店では、ピアノブラック仕様やクリヤーオーバーコートでご依頼いただいた場合に使用しています。

 

さて、上の写真はクリヤーオーバーコート後になります。
イイ感じです。笑

ところで、オーバークリヤーコート後のツヤ感が分かるようにアップの撮影を試みたんですが、カメラの都合上、アップにするとヴィオラブラックの赤青味が写りませんでしたので、少し引き気味に撮影してあります。現物はなめらかなツヤ感に仕上がっていますのでご安心くださいませ。汗

それでは、塗膜が硬化したら完成となります。もうしばらくお待ちくださいませ。

2018年10月16日火曜日

DAIHATSU ミラ スイッチパネル Vol.3


DAIHATSU ミラ スイッチパネルが完成しました。ご依頼内容をまとめましたのでご紹介させていただきます。

🔸ご依頼内容
🔹水圧転写
・転写フィルム:綾織りシルバーカーボン柄
・ベースカラー:ソリッドブラック
・カラークリヤー塗装:ベルベットブラック

🔹メンテナンス
・ガラスコーティング
・ポリマーコーティング

となります。

 

左の写真は施工前のモノになります。
無機質だったパーツが豹変しましたね。笑

それでは発送しますね。
この度も当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

2018年10月15日月曜日

HARLEY-DAVIDSON XL1200X フューエルタンク Vol.2


こちらは、HARLEY-DAVIDSON XL1200X フューエルタンクです。前回の作業では、透明なクリヤーベースを使って下地を作らせていただきました。下地用のクリヤーベースの乾燥が終わりましたので、これからブラックメッキ調にカラーリングを行なっていきます。


まずは、下地用のクリヤーベースをサンディングします。(上の写真)
ブラックメッキ塗装はメッキ感を生かしてカラーリングを行ないますので、メッキをキズつけてしまうと、そのキズがそのまま表れてしまいます。なので、メッキまで到達しないようにサンディングしていきます。

 

上の写真はサンディング後です。
何とかメッキをキズつけずに済みました。汗

 

サンディングが終わったらカラーリングをしていきます。(右の写真)
オーダーいただいた色はヴィオラブラックになります。
カラーリング濃度はダーク仕様で承っています。
ヴィオラブラックの色味は赤青味のあるブラックになります。

ところで、塗装用語で【吹きムラ】ってご存知でしょうか?
吹きムラの原因はスプレーガンの設定や運行速度、運行パターンなとが大半を占めていますが、エアの供給も関係しています。
エア式のスプレーガンの場合、エアの圧力で塗料を飛散していますが、エア圧が一定ではなく、息つぎをしています。手でグーとパーを繰り返してみてください。グーは塗料が飛散していない状態で、パーは塗料が飛散している状態になります。これをスプレーガンに見立てて塗装と同じようにスプレーガンのように運行すると、塗料が飛散しているところと飛散していないところが出てきます。この飛散しているところしていないところの差が、吹きムラになる原因に繋がります。特に、ブラックメッキ塗装の場合は、白いメッキを透かしながら黒を薄く着色していきますので吹きムラ率は高いです。汗

ただ、吹きムラを軽減することが出来ます。
通常のスプレーガンの運行パターンは左から右が一般的かなと思いますが、私の場合なんですが、スプレーガンを運行する際に同じ場所を通らないようにしています。例えば、スプレーガンを左→右と運行したら、次の運行パターンを斜め左上→斜め右下、その次は斜め右上→斜め左下…とスプレーガンを常にクロスさせるようにしています。

ちなみになんですが、吹きムラは面積が広くなればなるほど発生率が高くなるので、このやり方は自動車を補修していた頃によく行なっていました。自補の場合はボンネットやルーフ、側面など広い範囲の塗装が多いですからね。今は小物が主流になりましたのでクロス作業の機会はめっきり減りましが、今回のようなブラックメッキ塗装でフューエルタンククラスの場合はクロス作業を使っています。

ちなみのちなみになんですが、今回も吹きムラのためにクロス作業を行ないましたが、完全に吹きムラがない!といったことではありません。あくまでも吹きムラが軽減された…といったニュアンスになります。汗

 

それにしても、イイ感じです。笑
ヴィオラブラックは個人的に好きな色です。笑

ところで、写真ではヴィオラブラックの良さが写っていませんが(苦笑)、現物はもっと赤青味のあるブラックメッキ調になっていますのでご安心くださいませ。汗
写真はスマホで撮影しているんですが、赤目補正の問題なのか、赤味をしっかり捉えることが出来ませんでした。苦笑

それでは、ご依頼ではクリヤーオーバーコートも承っていましたね。熱乾燥にて塗膜が完全硬化しましたら、次回はクリヤーオーバーコートに入ります。もうしばらくお待ちくださいね。

2018年10月13日土曜日

HARLEY-DAVIDSON XL1200X フューエルタンク Vol.1


HARLEY-DAVIDSON XL1200X フューエルタンクの加工依頼を承りました。ご依頼内容をまとめましたのでご紹介させていただきます。

🔸ご依頼内容
🔹ブラックメッキ塗装
・カラー:ヴィオラブラック
・カラーリング濃度:ダーク
・メッキ表面処理:密着剤
・クリヤーオーバーコート:ブラックメッキ塗装後に再度クリヤーコート

🔹メンテナンス
・ガラスコーティング
・ポリマーコーティング

となります。
この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

さて、それでは作業に入らせていただきますが、その前にご依頼の経緯に関してご紹介させていただきます。

ご依頼品はクロームメッキ加工がなされていますが、こちらはお客様が業者さんにお願いされたそうです。そこで、さらなる高みをとご考案されて当店をご利用いただきました。

お客様にはご来店いただいて打ち合わせをさせていただきましたが、お客様からは、クロームメッキ表面に指で当たる僅かな突起が気になると仰られていました。私も拝見させていただいたところ、ツブツブした突起物を感じました。そこで、本来ならダイレクトにカラーリングを行なうところ、今回はカラーリング前に透明なクリヤーベースを使って下地を作っていきたいと思います。

手順と致しましては…
①透明なクリヤーベースを塗装
②熱乾燥にて塗膜を完全硬化
③サンディングして表面をフラット仕上げ
④カラーリング

となります。
今回、透明なクリヤーベースで下地を作っていきますが、突起物の対策以外にも理由があるんですよね。例えば、クロームメッキの質にもよりますが、クロームメッキの表面って微細な穴(巣穴)が空いている場合があるんです。ブラックメッキ塗装でメッキに巣穴がある場合はパテづけが行えないので、塗料を使って埋めなくてはなりません。ただ、ブラックメッキ塗装の場合はメッキを生かしてカラーリングを行なうので、巣穴を埋めるためにピンポイントで塗装してしまうとそこだけ色が濃くなってしまいます。なので、透明なクリヤーベースを使います。透明なクリヤーベースでしたらコート回数でも色の変化がないので、万が一巣穴があってたとしても対処出来ますからね。

 

さてさて、それでは透明なクリヤーベースを使って下地を作っていきます。
ブラックメッキ塗装は足づけ(研磨)が行えませんので、密着剤(溶剤)を塗装してメッキ表面の処理を行ないます。

密着剤を塗装したら透明なクリヤーベースを塗装します。(上の写真)

ところで、クロームメッキの巣穴について書きましたが、自転車なんかでクロームメッキ処理がされているパーツが赤サビ色に変わってしまうことがあります。アレはサビなんですが、クロームメッキがサビているワケではないんですよね。サビの原因は、ベースとなる鋼板なんです。鋼板の赤サビがクロームメッキの巣穴をツタって露わになっているんです。ということは、クロームメッキには巣穴が存在しているってことなんでしょうね。。

ちなみにですが、ご依頼品にも巣穴がございました。
透明なクリヤーベースを塗装しておいて良かったです。笑
これがカラーリング中に気づいてたらと思うと…ゾッとします…苦笑

それでは、透明なクリヤーベースが乾燥したら、次回はカラーリングに入ります。もうしばらくお待ちくださいね。

2018年10月12日金曜日

DAIHATSU ミラ スイッチパネル Vol.2

 

こちらは、DAIHATSU ミラ スイッチパネルです。前回の作業では、水圧転写を行わせていただきました。水圧転写後の中塗りクリヤーの乾燥が終わりましたので、これから上塗りクリヤーコートに入ります。上塗りクリヤーコートでは、カラークリヤーの塗装も承っています。

 

まずは、塗料のノリを良くするための足づけ(研磨)を行ないます。(左の写真)
足づけ(研磨)が終わったらカラークリヤーを塗装します。(右の写真)
オーダーいただいた色はベルベットブラックになります。
ベルベットブラックの色味なんですが、ブラック系の中でも茶系のブラックといったところになります。

 

左の写真は、ノーマルタイプ(ブラックベース+綾織りシルバーカーボン柄)と比較したモノになります。ノーマルタイプの雰囲気も良いですが、水圧転写後にカラークリヤーコートを行なうと雰囲気がガラッと変わりますね。笑

ところで、カラークリヤーの塗装後って透明なクリヤーベースを塗装しているのはご存知でしょうか?
透明なクリヤーベースを塗装する理由なんですが、カラークリヤーの塗装で終えてしまうと塗膜表面は色が剥き出し状態と同じになります。剥き出しになった色は、色ヌケや色ヤケといった症状を引き起こす原因に繋がりますので、カラークリヤーの色を保護する意味合いで、透明なクリヤーベースを塗装しています。
ちなみにですが、写真ではその違いが分からないかなと思いますで、ブログでは割愛しています。汗

それにしても、テロテロですね。(右の写真)
イイ感じです。笑

それでは、上塗りクリヤーが乾燥したら完成になります。もうしばらくお待ちくださいね。

2018年10月11日木曜日

DAIHATSU ミラ スイッチパネル Vol.1


DAIHATSU ミラ スイッチパネルの加工依頼を承りました。ご依頼内容をまとめましたのでご紹介させていただきます。

🔸ご依頼内容
🔹水圧転写
・転写フィルム:綾織りシルバーカーボン柄
・ベースカラー:ソリッドブラック
・カラークリヤー:ベルベットブラック

🔹メンテナンス
・ガラスコーティング
・ポリマーコーティング

となります。

ところで、こちらのお客様は当店を何度もご利用いただいている方なんです。前回の作業風景もブログでご紹介させていただきました。

🔸作業ブログ
🔹タイトル:DAIHATSU ミラ センターコンソール
🔹掲載日:2018年9月5日〜9月18日

みなさんも是非ご覧になってみてください。

それでは、この度も当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

さて、それでは作業に入らせていただきますね。汗

 

塗料のノリを良くするための足づけ(研磨)を行なったら、水圧転写のベースカラーを塗装します。(右の写真)
ご依頼いただいたベースカラーはソリッドブラックになります。ソリッドブラックは、クロマックス塗料のジェットブラック(原色コード:Am5)を使っています。


ベースカラーの塗装後に乾燥を行なったら水圧転写に入ります。
オーダーいただいた柄は綾織りシルバーカーボンになります。

上の写真は水面に転写フィルムを浮かべたモノになります。
水面に転写フィルムを浮かべて一定時間が経過したら、結合剤(溶剤)を転写フィルムに塗布して水圧転写を行ないます。

 

上の写真は水圧転写後になります。
イイ感じです。笑

ところで、こちらのお客様は何度も当店をご利用いただいていますが、そのどれもが今回と同じ仕様になります。お客様からは装着後の写真をいただきましたが、【株式会社ひきだ】で溢れかえっておりました。笑
こうして長きにわたりご愛顧いただけることは、この上ない喜びです。今回もしっかり努めさせていただきますね。

それでは、作業は中塗りクリヤーコートまで終わっておりますので、中塗りクリヤーの乾燥が終わったら、次回は上塗りクリヤーコート(カラークリヤーコート)に入ります。もうしばらくお待ちくださいね。

2018年10月10日水曜日

OGK KABUTO フルフェイスヘルメット Vol.6

 
OGK KABUTO フルフェイスヘルメットが完成しました。ご依頼内容をまとめましたのでご紹介させていただきます。

🔸ご依頼内容
🔹水圧転写(ブラックパーツのみ施工)
・転写フィルム:綾織りシルバーカーボン柄
・カラークリヤー:アントブラック

🔹ロゴ用マスキングシート制作
・ロゴ:OGK KABUTO JAPAN
・カラー:シルバーメタリック

🔹メンテナンス
・ガラスコーティング
・ポリマーコーティング

となります。

 

左の写真は施工後になります。
ロゴ用のマスキングシートは専門業者さんに制作していただきました。

右の写真は施工前になります。
ロゴの表面はもともとツヤ消し仕上げでしたが、今回のご依頼でツヤ有りになっています。


さて、本日お客様がご来店されまして、ご依頼品をお渡しさせていただきました。お客様には当店のブログをご覧いただいて、おおよその完成のイメージはついていたそうなんですが、実物を目の当たりにして驚愕されていました。笑
また、ロゴの再現に関してもご満足されていましたのでひと安心です。汗

それにしても、写真よりも実物の方が良いと仰っていただけることは大変喜ばしいことですね。未来への励みになります。。

ところで、お客様には差し入れもいただいちゃいましたね。汗
お気に留めていただきまして、誠にありがとうございます。次回は手ぶらでお越しくださいね。

それでは、この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。また遠方よりご来店いただきまして、誠にありがとうございました。これからのバイクライフが今まで以上に楽しいモノになれば幸いです。

2018年10月9日火曜日

BMW 6シリーズ メッキパーツ Vol.3

 

BMW 6シリーズ メッキパーツが完成しました。ご依頼内容をまとめましたのでご紹介させていただきます。

🔸ご依頼内容
🔹ブラックメッキ塗装
・カラー:アントブラック
・カラーリング濃度:お借りしたカラーサンプル程度
・メッキ表面処理:密着剤

🔹ステッカー制作
・シート:エアレスタイプ
・表面処理:ラミネート加工
・調色作業

🔹メンテナンス
・ガラスコーティング
・ポリマーコーティング

となります。

 

左の写真は、お借りしたカラーサンプルと比較したモノになります。
カラーサンプルと色味は違いますが、明度は揃っているかなと思います。汗

ところで、当店のブラックメッキのカラーリング濃度はライト、スタンダード、ダークの3パターンをご用意させていただいておりますが、これはあくまでも当店の基準になります。お客様のイメージ通りのカラーリング濃度に仕上げたい場合は、カラーサンプルをご用意していただくと良いかなと思います。ちなみにですが、ご用意していただいたカラーサンプルと近似程度でしたら調色費用は掛かりません。

さて、右の写真のエンブレムに貼り付けてあるステッカーは、専門業者さんにお任せして制作させていただきました。ステッカーの色味は、もともと貼り付けてあったステッカーを元に、調色を行なって再現しています。また、ステッカー表面にはラミネート(保護膜)を掛けてありますので、耐候性もバツグンかなと思います。ステッカーのシートはエアレスタイプを使用しているので、素人の私でも空気が入らないで貼り付けることが出来ました。笑


さてさて、本日お客様がご来店されまして、ご依頼品をお渡しさせていただきました。
完成した姿を前に、ご満悦のようでした。笑

ところで、お客様には差し入れもいただいちゃいましたね。汗
お気に留めていただきまして、誠にありがとうございます。次回は手ぶらでお越しくださいね。

それでは、この度も当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。また遠方よりご来店いただきまして、誠にありがとうございました。

2018年10月5日金曜日

OGK KABUTO フルフェイスヘルメット Vol.5

 

こちらは、OGK KABUTO フルフェイスヘルメットです。前回の作業では、中塗りクリヤーコートでカラーリングを行なわせていただきました。中塗りクリヤーの乾燥が終わりましたので、ロゴ入れ(塗装)→上塗りクリヤーコートと作業を進めさせていただきます。

 

左の写真は、ロゴ入れ用のマスキングシートになります。
マスキングシートは、施工前に専門業者さんに制作していただきました。
ロゴの1番下に【Japan】が入っているのが分かりますでしょうか?
当初、専門業者さんからは、『【Japan】の文字が小さくてカット出来ないかも』とございました。お客様にもその旨ご了承いただいていたのですが、完成後に引き取りに伺ったところ、なんとキレイにカットされていました。さすがですね。笑
なので、【Japan】のロゴも復元していきます。


まずは、塗料のノリを良くするための足づけ(研磨)を行ないます。足づけ(研磨)の範囲なんですが、ロゴ入れ後にヘルメット全体に上塗りクリヤーコートを行ないますので、ヘルメット全体に足づけ(研磨)を行なっています。

足づけ(研磨)が終わったら、上塗りクリヤーコート用のマスキングを行ないます。(上の写真)

 

上塗りクリヤーコート用のマスキングが終わったら、マスキングシートを貼り付ける位置を決めていきます。
左の写真は中心を決めているところです。

ところで、ヘルメットの形状ってキッチリ左右対称…ではないんですよね。形状に微妙なズレが生じている場合があります。今回もメジャーを使って中心を決めましたが、やはり若干ズレがある印象を受けました。あとは私の独断と偏見?(苦笑)で、離れて見ておかしくない位置に修正させていただきました。汗

そういえば、息子が中学野球チームに所属しているんですが、刺繍された名前入りの野球バッグを購入したんですよね。で、その刺繍された名前が若干傾いている気がしたんです。家族に聞いても、『そお?』ぐらいな反応でしたが、やっぱり傾いていると感じました。そこで、メジャーで測ってみたんです。そしたら1〜2mm程傾いていました。たった1〜2mm程の誤差なんですが、職業柄からか気になってしまうんですよね。その後、家族からは白い目で見られましたけどね…苦笑

私の目が必ずしも信じられるとは言い切れませんが、全体の雰囲気から、パッと見て中心に収まったのではないかなと思います。汗

さて、気を取り直して…苦笑
左右の中心が決まったら上下の位置を決めます。
位置と私の覚悟?が決まったら(苦笑)、マスキングシートを貼り付けます。(右の写真)

 

マスキングシートは空気が入らないようにしっかり貼り付けます。(左の写真)
マスキングシートを貼り付けたらヘルメット全体をマスキングします。(右の写真)

 

ヘルメット全体にマスキングしたらベースカラーを塗装します。(左の写真)
オーダーいただいた色なんですが、お客様より、【純正っぽい、ブラックカーボンと相性が良いシルバーメタリック、あとはおまかせします】と承っていました。
ロゴを拝見したところ、アルミの粒子は粗くも細かくもなく、色合いも明るくも暗くもない、そんなイメージを受けました。
そこで、アルミの粗さが中目で色味が白いタイプになる、クロマックス塗料のミディアムアルミ(原色コード:Am11)を選ばせていただきました。ミディアムアルミは【色味が白い】と書きましたが、単に白いといったイメージではなく、シルバーメタリックの中で白いタイプになるといった内容になります。鮮やかな黄色いパーツが付属されていますし、ブラックカーボンと色を比較したところ、ミディアムアルミのアルミの粒子と色味が最適かなと選ばせていただきました。汗

 

さてさて、ロゴ入れ用のベースカラーの塗装が終わりましたので、全体へ上塗りクリヤーコートを行ないます。(上の写真)
【Japan】の文字もクッキリ映し出されていますね。
イイかんじです。笑

ちなみにですが、上塗りクリヤーコート後の熱乾燥前に、施工面と隣接するパーツとの境のマスキングは解除しています。こうしておくと、キワで溜まった塗料が緩やかなカーブ状になってカドが立ちづらくなるからです。マスキングの解除のタイミングですが、塗膜は時間が進むにつれて硬化していきますので、上塗りクリヤーコート直後(塗膜が緩い状態)に行なっています。

それでは、上塗りクリヤーコートの乾燥が終わりましたら完成となります。もうしばらくお待ちくださいね。

特別フェアのご案内

【こちらのページは2018年11月30日までトップページになるように設定してございます。作業ブログはこちらのページの下にございますのでご覧くださいませ。】 みなさんこんにちは。 夏の日差しが和らいで過ごしやすくなりましたね。 今度は食欲の秋の風に誘われて食べ過ぎてしまいそ...