2018年10月5日金曜日

OGK KABUTO フルフェイスヘルメット Vol.5

 

こちらは、OGK KABUTO フルフェイスヘルメットです。前回の作業では、中塗りクリヤーコートでカラーリングを行なわせていただきました。中塗りクリヤーの乾燥が終わりましたので、ロゴ入れ(塗装)→上塗りクリヤーコートと作業を進めさせていただきます。

 

左の写真は、ロゴ入れ用のマスキングシートになります。
マスキングシートは、施工前に専門業者さんに制作していただきました。
ロゴの1番下に【Japan】が入っているのが分かりますでしょうか?
当初、専門業者さんからは、『【Japan】の文字が小さくてカット出来ないかも』とございました。お客様にもその旨ご了承いただいていたのですが、完成後に引き取りに伺ったところ、なんとキレイにカットされていました。さすがですね。笑
なので、【Japan】のロゴも復元していきます。


まずは、塗料のノリを良くするための足づけ(研磨)を行ないます。足づけ(研磨)の範囲なんですが、ロゴ入れ後にヘルメット全体に上塗りクリヤーコートを行ないますので、ヘルメット全体に足づけ(研磨)を行なっています。

足づけ(研磨)が終わったら、上塗りクリヤーコート用のマスキングを行ないます。(上の写真)

 

上塗りクリヤーコート用のマスキングが終わったら、マスキングシートを貼り付ける位置を決めていきます。
左の写真は中心を決めているところです。

ところで、ヘルメットの形状ってキッチリ左右対称…ではないんですよね。形状に微妙なズレが生じている場合があります。今回もメジャーを使って中心を決めましたが、やはり若干ズレがある印象を受けました。あとは私の独断と偏見?(苦笑)で、離れて見ておかしくない位置に修正させていただきました。汗

そういえば、息子が中学野球チームに所属しているんですが、刺繍された名前入りの野球バッグを購入したんですよね。で、その刺繍された名前が若干傾いている気がしたんです。家族に聞いても、『そお?』ぐらいな反応でしたが、やっぱり傾いていると感じました。そこで、メジャーで測ってみたんです。そしたら1〜2mm程傾いていました。たった1〜2mm程の誤差なんですが、職業柄からか気になってしまうんですよね。その後、家族からは白い目で見られましたけどね…苦笑

私の目が必ずしも信じられるとは言い切れませんが、全体の雰囲気から、パッと見て中心に収まったのではないかなと思います。汗

さて、気を取り直して…苦笑
左右の中心が決まったら上下の位置を決めます。
位置と私の覚悟?が決まったら(苦笑)、マスキングシートを貼り付けます。(右の写真)

 

マスキングシートは空気が入らないようにしっかり貼り付けます。(左の写真)
マスキングシートを貼り付けたらヘルメット全体をマスキングします。(右の写真)

 

ヘルメット全体にマスキングしたらベースカラーを塗装します。(左の写真)
オーダーいただいた色なんですが、お客様より、【純正っぽい、ブラックカーボンと相性が良いシルバーメタリック、あとはおまかせします】と承っていました。
ロゴを拝見したところ、アルミの粒子は粗くも細かくもなく、色合いも明るくも暗くもない、そんなイメージを受けました。
そこで、アルミの粗さが中目で色味が白いタイプになる、クロマックス塗料のミディアムアルミ(原色コード:Am11)を選ばせていただきました。ミディアムアルミは【色味が白い】と書きましたが、単に白いといったイメージではなく、シルバーメタリックの中で白いタイプになるといった内容になります。鮮やかな黄色いパーツが付属されていますし、ブラックカーボンと色を比較したところ、ミディアムアルミのアルミの粒子と色味が最適かなと選ばせていただきました。汗

 

さてさて、ロゴ入れ用のベースカラーの塗装が終わりましたので、全体へ上塗りクリヤーコートを行ないます。(上の写真)
【Japan】の文字もクッキリ映し出されていますね。
イイかんじです。笑

ちなみにですが、上塗りクリヤーコート後の熱乾燥前に、施工面と隣接するパーツとの境のマスキングは解除しています。こうしておくと、キワで溜まった塗料が緩やかなカーブ状になってカドが立ちづらくなるからです。マスキングの解除のタイミングですが、塗膜は時間が進むにつれて硬化していきますので、上塗りクリヤーコート直後(塗膜が緩い状態)に行なっています。

それでは、上塗りクリヤーコートの乾燥が終わりましたら完成となります。もうしばらくお待ちくださいね。

年末年始のご案内

みなさんこんにちは。 年末年始のお休みのご案内をさせていただきます。 🔸年末年始のお休み 🔹12月31日(月)〜1月3日(木) みなさまのご依頼を心よりお待ちしております。 まだまだ寒い日が続きますが、お身体には十分ご自愛くださいませ。