2018年10月3日水曜日

OGK KABUTO フルフェイスヘルメット Vol.4 part2

【OGK KABUTO フルフェイスヘルメット Vol.4 part1】からのつづきになります。


さて、水気が引きましたので2回目の水圧転写に入ります。

 

まずはマスキングです。
2回目の水圧転写は下面に行なっていきます。
先ほど、上面に水圧転写を行ないましたので上面をマスキング(養生)します。(右の写真)

ところで、part1のブログでは、上面と下面のどちらを先に水圧転写を行なうか?と書きましたが、若干ではございますが、2回目の水圧転写用のマスキングの方が短時間で済みました。ちょっとしたことかもしれませんけどね。汗

そういえば、木村カエラさんの【happiness!!!】にありましたね。

す〜べてが ちっぽけな つみ重ね〜♪
集めたら 届くと思うの〜♪

ちょっとした積み重ねが大事なのかもしれません。。

 

さてさて、マスキングが終わったら水圧転写に入ります。
上の写真は水圧転写後になります。
ん〜イイかんじです。笑

水圧転写が終わったら水で洗浄して乾燥させます。

この後の作業に関して少しご説明させていただきますね。
ご依頼ではカラークリヤーコートとロゴ入れ(塗装)を承っております。
通常、水圧転写後にカラーリングする場合は、中塗りクリヤーコートは透明のクリヤーベースを使います。中塗りクリヤーコート後は熱乾燥で塗膜を完全硬化させてから、上塗りクリヤーコートでカラーリングを行なっています。

ただ、今回はロゴ入れ塗装も承っていますので、中塗り、上塗り、ロゴ入れと、それぞれでクリヤーコートを行なうことになりますので、通常のクリヤーコートの塗装回数よりも1回多くなります。単に塗膜が厚くなることは致し方がないことかもしれませんが、今回のヘルメットに関しては取り外せない付属品が施工面とピッタリと隣接しています。3回のクリヤーコートを行なうと塗膜が厚くなり、隣接する面のキワに塗料がたまり過ぎてしまうかなと思いました。

そこで、中塗りクリヤーコートでカラーリングを行なって、トータルのクリヤーコートを2回で終えるようにしていきます。
手順としては…

①中塗りクリヤーコートでカラーリング
②熱乾燥にて塗膜を完全硬化
②塗装でロゴ入れした後に全体をクリヤーコート

となります。
このやり方でしたら通常通りの塗膜の厚みで済むかなと思います。また、隣接面にも塗料が溜まりづらくなる…のではないかなと思います。汗

というワケでして、まずは中塗りクリヤーコートでカラーリングを行なっていきます。

part3につづきます…

特別フェアのご案内

【こちらのページは2018年11月30日までトップページになるように設定してございます。作業ブログはこちらのページの下にございますのでご覧くださいませ。】 みなさんこんにちは。 夏の日差しが和らいで過ごしやすくなりましたね。 今度は食欲の秋の風に誘われて食べ過ぎてしまいそ...